アルブチンの美白効果

アルブチンの美白効果

アルブチンの美白効果について

アルブチンは梨やコケモモ、ウワウルシなどの植物から抽出される成分で、天然型フェノール性配糖体といわれています。

 

アルブチンは、メラニン合成に関連するチロシナーゼに直接作用し、シミの原因になるメラニンの合成の邪魔をする美白効果があります。
また、アルブチンにはα−アルブチンとβ−アルブチンの二種類があり、以前はβ−アルブチンの方が主流とされていましたが、最近ではα−アルブチンの方が10倍以上の効果をもたらす事が発見されて注目を集めています。

 

この美白成分は、ビタミンCが含まれたものと一緒に使用すると一層効果が高まるといわれています。
他の美白化粧品と比較するとアルブチンが含まれているものは値段が少々高めの設定となっています。
予防美白の化粧品によく含まれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ